ホームページの仕組み

余裕deホームページ制作

ホームページの仕組み

「早速ホームページ制作に入ろう!」と思っている人もいるか居ないか分かりませんが、漠然とホームページの内容を知っているだけでは他の人に聞かれたときにうまく答えられませんよね。実は結構皆さん知らない方が多いんですよ。勿論、ホームページを開設している方でもね。
「そんなの知ってるっつーの」って方は読まなくても良いですが、「ヤベッ、あんまわかんねー」って方は目を通すくらいはしておいた方が良いかとwww

そもそも「ホームページ」って何だろうか。って話なんですが。
今皆さんが使っているブラウザは殆どがIE(インターネットエクスプローラー)だと思われます。中にはNN(ネットスケープナビゲーター)とかFire Foxなどを使っている人も居るかと思いますが。
直リンクで飛んでこない限りまず最初に見ることになるであろうページはトップページだと思います。トップページを読んでから大抵はこのページに来ますよね。
このように、いくつかのページが集まって出来たものを一般的にホームページと言うのだそうです。(管理人も知らなかった)

ホームページがおいてある場所をサイトと言います。ホームページはいくつかのページを集めて作ります。それらのページは全て同じ場所に置いておきます。同じ場所にページが集まっていることから、サイト( website )と言ったとき、ホームページを構成するページ全体のことを指すことがあります。むしろ、その方が一般的かもしれません。

いくつかのページを繋ぐことをリンクって言います。これも皆さんおなじみの言葉だと思います。「リンクを張る」と言う使い方をします。ページをどんどん増やしているうちに、リンクを忘れることがあります。この状態を「リンク切れ」といいます。

 

サーバって何なんだゴルァ!

サイトって言うのはホームページを置いておく場所・・・ってのは説明した通りです。でもその場所はどこにあるのでしょうか。

サイトはサーバの中にあるんです。

「サーバって何なんだゴルァ!!」って思ってる方。初心者ですね。管理人もそう思ったので初心者の仲間入りですwwwww
サーバって言うのはサービスを提供するソフト、またはソフトが入っているハードのことです。サービスと言ってもいろいろあり、そのサービスによってサーバの名称もいろいろです。

例えば、メールサーバ。送られた電子メールを指定されたアドレスに保管して置いて、受け取りに来るのを待っています。ファイアウォールサーバはネットワークの中に不正に入ってくることを防ぎます。ネームサーバはサーバに接続されている機器の IP アドレス(機械がわかるアドレス)とドメイン名(人間が見てわかるアドレス)を記憶していて、人間が入力したアドレスを機械がわかるアドレスに変換してからデータを送信します。IP アドレスに変換しないと、機械はデータをどこに送ればいいのかわかりません。そのほかにも、インターネットにはいろいろな種類のサーバが接続されています。(珍しく管理人が真面目なことを語っています)

で、サイトが置いてあるのはWEBサーバ(wwwサーバとも言いますね)です。沢山の人がアクセスしても同時並行で処理する(マルチタスク)の役割があります。

 

HP作ってる奴はみんなサーバ持ってんの?

いやいや、そんなこと無いッスよ奥さん。サーバはホームページを置いているだけです。ホームページは自分のパソコン(クライアント)で作ることができます。パソコンで作ったホームページをサーバに転送します。自分のパソコンで作った電子メールを、送りたい相手が使っているメールサーバに送るようなものです。

メールを送るには、Outlook Express といったメールソフトを使いますが、ホームページを転送する場合には、FTP ソフトというものを使います。

前のページでも説明しましたが、FTP というのは、「ファイルを転送する規則」。インターネットにはいろいろなコンピュータが接続されていて、データのやり取りが行われています。それぞれがばらばらの方法でデータをやり取りしたら、いちいち相手のコンピュータに合わせてデータを送る必要があるし、逆に受け取る方も相手に合わせる必要があるかもしれません。そこで、最初から転送する際の規則を定めておいて、みんながそれに合わせるようにしておけば、無駄な作業が不要になります。パソコンからサーバにデータを送るときも、この FTP に則って行うことになります。FTP ソフトは、プロバイダなどのホームページ・スペースを貸してくれるところなどで用意している場合があります。もちろん、市販されているホームページ作成ソフトには付属しています。その他、ソフトウェア配布専門のサイトなどでも手に入れることが出来ます。

 

サイトに転送しちゃうんだZE!

プロバイダなどでホームページ・スペースを借りることになると、事前にサーバ内のフォルダ(ディレクトリ)を割り当てて貰えます。そのフォルダが、自分のホームページ用のスペース、すなわちサイトになります。自分のパソコンで作ったホームページをFTPソフトでサーバに転送するには、予めFTPソフトにサーバ名、フォルダ名、ユーザーID、パスワード等を設定しておくことが必要です。後は作ったホームページをサイトに転送するだけです。超簡単ですね☆説明も超優しいから分かりやすいと思います☆はいっ、石投げんなwww

作ったホームページを自分のパソコン内に保存しているときは、ブラウザを使えばそのホームページを見ることは出来ますが、他の人は見ることが出来ません。サーバに転送すれば、そのサーバに接続できる(インターネットを使うことが出来る)全ての人がそのホームページを見ることが出来るようになります。

データをパソコンから転送することをアップロードと言います。逆にデータを取り出す場合はダウンロードです。
みんなは大抵ダウンロードでしょうねニ○ニコ動画とかねwwwww

注目サイト

2017/1/27 更新